それでもわたしはおうちにいたい

おうちが大好きな私がなるべく楽しく暮らすためのブログ

【冷蔵庫で簡単ぬか漬け】「樽の味 カンタンぬか床セット」と「野田琺瑯 ぬか漬け美人」を使ってみたレビュー

みなさんこんにちは!今日は「おうちぬか漬け」の話です!
前にも「おうちぬか漬け」についての記事を書いたのですが、こちらの記事、今でもちょこちょこ読まれてるんですよね。 

最近ではお漬物自体を食べない人も多いらしいので「ぬか漬けの話とか需要があるんだろうか?」と思っていたんですが、興味ある人結構いるみたい!

そこで、ぬか漬けを初めて2年目になる私が「おうちぬか漬け」について改めて記事を書きます!

 

好きな野菜をつけるだけ!おうちぬか漬けの魅力

f:id:alysantwanet:20190226200428j:plain

スーパーで売っているぬか漬けって、きゅうり、ナス、にんじん、大根くらいだと思うんですが、おうちでぬか漬けを作れるようになるとバリエーションがぐっと増えますよ!

うちでも色々試しました!変わり種で言うと、ゴーヤ、ミョウガ、セロリ、アボカド、オクラ、ピーマン、パプリカ、切り干し大根、干し椎茸、スイカの皮などなど。どれも意外と美味しいんです!

私が特に好きなのはパプリカです。ちょっぴり甘くて美味しいお漬物になりますよ。

あと、ゴーヤのぬか漬けも結構いけます!そのまま食べるとちょっと苦いので、薄切りにして冷奴の上に乗せて食べるのがおすすめです。冷奴の上にゴーヤのぬか漬け、鰹節、天かす、ネギ、生姜をトッピングして、お醤油を垂らして食べるとめっちゃ美味しかったですよ!ミョウガのぬか漬けも薬味として優秀なので、色々と使えます!

意外とハードルが低いぬか漬け作り

ぬか漬けを漬けるのって結構難しそうに思えますが、実は意外と簡単です。
冷蔵庫で保存してるなら、混ぜるのは5日に一回くらいで大丈夫。

糠もすでに発酵しているものを使えば、漬け捨てなどせずに買ったその日からぬか漬け作りが始められます。

ぬか床は冷凍保存もできるので、ぬか漬け作りに飽きてきたら冷凍庫に入れちゃえばOK。また食べたくなってきたら解凍してお野菜をつければいいのです。

初心者でも簡単に始められるおすすめアイテム

おうちでぬか漬けやってみたい!と思っても、いざやるとなると何から揃えれば良いのかわからないですよね。それに、やってみたは良いけど、続けられない!なんてパターンも考えると、最初はなるべくお手軽に始めたいですよね!

そんな方にオススメなのが「樽の味 カンタンぬか床セット」です。

f:id:alysantwanet:20180304233228j:plain

熟成糠とケース、調味料、説明書がついて2,000円くらいなので、初心者にはとても優しいセットです。私も最初はこちらのセットからぬか漬け作りを始めました。

初心者がいきなりぬか床を発酵させてお漬物に使えるレベルまで育てようと思うと、かなりハードルが高いのですが、こちらの商品のぬか床は既に発酵している状態なので、届いたその日からお野菜を漬けられます。

ぬか漬け初心者にとって漬け捨て不要なのはありがたいですよね!

「カンタンぬか床セット」については下記の記事で詳しく書いていますので、ぜひこちらも読んでみてください!

www.ouchi-ni-itai.com

「カンタンぬか床セット」よりももっと手軽に始めたい方は、ケースではなく袋でぬか漬け作りができる商品もあります。

こちらの商品は大体1,000円くらいです。
「つけもと 熟成ぬか床パック」は、容器ではなくビニール袋にそのままお野菜を入れてお漬物を作るので、場所も取らずにかなり手軽に始められると思います。
サイズが1kgと少量なので、ちょっと試してみたいという人に向いていますね!
ただ何度も繰り返し使うのには向いてないので、糠がゆるくなったり減ってきたら新しいものに買い換えるのが良いと思います。(消耗品というイメージかな?)

ちょっと手狭になってきたらぬか漬け美人がおすすめ

f:id:alysantwanet:20190226200407j:plain

現在我が家で使っているのが、こちらの「野田琺瑯 ぬか漬け美人」です!サイズは3.2L。大体3,000円くらいです。

冷蔵庫に入れても場所を取りすぎないサイズでありながら、ナスもきゅうりも人参ものびのび漬けられるのでおすすめです。使っている糠の量は2キロなので、「カンタンぬか床セット」の時と変わりないのですが、こちらの方が容器が深いので漬けられる量は多いです。

また、琺瑯の容器なので、清潔感があって見た目もスッキリしているので気に入っています。こちらの商品には水取りもついているのでそこもポイントです。長期的に使うのであればこちらの容器の方がおすすめです。

「野田琺瑯 ぬか漬け美人」には糠はついてこないので、こちらの商品を買う時は一緒にぬか床も購入してくださいね!ぬか床は2キロ入ります!

ぬか床がゆるくなってきたら

f:id:alysantwanet:20190226200502j:plain

ぬか床は使うたびにお野菜の水分でどんどんゆるくなっていきます。ぬか床が水浸しになってしまうと、おいしいぬか漬けが作れなくなるので、余分な水分は取る必要があります。切り干し大根や干し椎茸などの乾物を入れることで、ある程度水分を取り除くこともできますが、あると便利なのが水取り器です。
私は最初の頃はキッチンペーパーで水分を抜いていたんですが、途中からめんどくさくなって水取り器を使う様になりました。

私が今使っている水取り器はこちらです。

こちら、大体2,000円くらいです。まあまあなお値段しますけど、こちらのとっくり、結構仕事してくれるのでおすすめです。(糠がきちんと発酵してなかったら水が取れないのでそこだけは注意!)

使い方はぬか床に埋めるだけです!

f:id:alysantwanet:20190226200546j:plain

あれ?ぬか漬け美人に水取り器ついてたのに、なんでこっち使ってるの??って思いますよね。

実は「カンタンぬか床セット」を買った後に、この水取り器を買って使ってたんですが、更にその後に友達から「ぬか漬け美人」をプレゼントしてもらったんです!まさかのぬか漬け容器チョイス!(笑)容器がランクアップして喜びましたw
・・と、言うことで、容器は「ぬか漬け美人」に切り替えて、水取り器はこちらのとっくり形のものを使っています。

ただ価格的なことを考えると「カンタンぬか床セット」(約2,000円)に水取り器(約2,000円)にするなら、最初から「ぬか漬け美人」と熟成糠を買って使うのも全然ありだと思います!
プラスチック容器でも問題はないですけど、絶対琺瑯の方が綺麗だししっかりしてておすすめなので!

ぬか床のお世話のポイント

基本的には冷蔵庫で簡単、お手軽に作れるぬか漬けですが、状態によってお世話も変わってきます。
何度もお野菜を漬けているとぬか床がゆるくなったり、お野菜が漬かるのが遅くなったり、放置しすぎるとぬかに白っぽい膜がはったり(!?)ということもあるので、ぬか床のご機嫌を伺いつつお世話をするのが大切です。

ぬか床がゆるくなったら

先ほども書いた通りですが、水取り器を使ったり、キッチンペーパーで水分を抑える。水分がだいぶ多いなと感じたら足し糠をすればOK。

白い膜がはってしまったら

ぬか床を混ぜずに放置しすぎると表面に白い膜が貼ってしまうことがあります。これは産膜酵母が増えすぎた時に起こる現象で、体に害はありませんが、ぬかの風味が損なわれて漬物の味が落ちるので、白い膜はスプーンなどですくって捨てちゃいましょう。匂いにも変化がある場合はぬか床をしっかり混ぜて、一旦お野菜をつけるのはやめてぬかを休ませてあげるのも良いと思います。

野菜が漬かるのが遅くなってきたら

野菜によってぬか床の水分量が上がると、塩分濃度が下がって野菜が漬かるのに時間がかかるようになります。そうなってきたら、お塩を足してあげましょう。
塩分濃度は13%〜15%が理想みたいですが、私は特に計測することもなく塩を適当に振りかけています。(雑ですみません)

塩分濃度が下がると殺菌作用が薄まるのでこまめに足してあげると良いと思います!

最後に

いかがでしたでしょうか。少しは参考になりましたか?

私は結果的に「樽の味 カンタンぬか床セット」「野田琺瑯 ぬか漬け美人」の両方使うことになりましたが、基本的にはどちらか一つを買えば十分です(笑)

でも長期的に使っていくなら琺瑯の容器がおすすめですよ。

どちらの商品でも言えることですが、もしぬか漬けを続けられなくてやめちゃった場合でも、容器は再利用できるので全てが無駄になるかと言うとそうでもないです!

実際私は今でも「カンタンぬか床セット」のプラスチック容器を乾麺入れとして使用しています。ほどよく大きいので便利ですw

ぬか漬けに興味がある方はぜひ気軽に始めてみてくださいね〜!